アフリカンクリーンエナジーのソーラーふいご


Sros - Cambodia | Kiva を読むと燃料費として月に40ドルの支出があるそう。カンボジアの平均月収は2~3万程度のようなので、燃料費の占める割合を日本の感覚で考えると月4~5万円という感じでしょうか。この燃料費を節約するのは理にかなっています。

燃料費節約の切り札がACE Oneというソーラーパワーストーブです。



小さなソーラーパネルでストーブの火力をすべて賄うのは無理なので「怪しい商品なのか?」と訝しく思いましたが、調べてみると「ソーラーパネル」+「バッテリー」 +「ファン」を組み合わせた商品のようです。価格はわかりませんが、Kivaでは75ドルや100ドルを13か月で返済する設定が多いです。
バッテリー内蔵のためスマホの充電やらLEDライトが使えたりと便利そうです。単純な商品ですが、利用効率は高く有望だと感じました。

東京ガスの「ずっともソーラー×トヨタホーム」は新築の住宅にソーラー発電システムを無料で提供し10年間の売電収入で回収する仕組みです。きっと太陽エネルギー10年債とかあるのでしょうね。Kivaの場合は13か月の短期でお手軽ですがインパクトは十分でしょう。

3/8の国際女性デーにちなみ女性への融資が特集されています。Kiva紹介リンク




このブログの人気の投稿

故障したPixio PXC32の修理対応が神対応だった

4KではなくWQHD(2560x1440)31.5インチ曲面ディスプレイを注文しました。

mp3ファイルをcat で結合する方法