世界一キライなあなたに(字幕版)

世界一キライなあなたに(字幕版)
『ゲーム・オブ・スローンズ』のエミリア・クラーク(デナーリス)を愛で、チャールズ・ダンス(ラニスター父)の渋さを観る映画。

内容は骨髄損傷した富豪の息子をかわいい女性が介護するというものです。
脚本家の意思をまったく感じさせません。フローベールの紋切型の一例のように解釈するしかないように感じました。骨髄損傷で頭がしっかりしている設定なので複雑さが皆無になっています。

強いて言えば「他人を変えられるか」に注目して観ると良いかもしれません。

このブログの人気の投稿

故障したPixio PXC32の修理対応が神対応だった

mp3ファイルをcat で結合する方法

『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』は2010年代の『ナイスサーティーズ』