となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界


ヘルベチカとの出会い」でさわりが読めます。セールでFuturaを購入した私ですが、もともとFrutigerが使いやすそうだと思っていました。Frutigerは1976年に登場したらしいです。Futuraは100年前!
オバマ大統領の選挙で使われたGothamは2000年リリース。やはりフォントにも減価償却のような感覚があるようで古いフォントの方が廉価ですね。
参考までにフォントの太字・斜体などがセットになったGothamは10万円。Frutigerは3万円。セールのFuturaは3000円といったところです。
ちなみに、購入したFuturaですが、まだ使っておりません。

このブログの人気の投稿

4KではなくWQHD(2560x1440)31.5インチ曲面ディスプレイを注文しました。

故障したPixio PXC32の修理対応が神対応だった

import android.support.v7.app.AppCompatActivity が見つからないとき