2019/11/08

『老人喰い ――高齢者を狙う詐欺の正体』『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』


ネットで「亡き父は晩年なぜ「ネット右翼」になってしまったのか」を読んでから興味を持った鈴木大介さんの書籍を数冊読んでみました。

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』は「言ってもすぐに忘れてやってくれない」「すぐにケアレスミスをする」という悪気はないが出来ない人とどう付き合っていくかの具体例が示されていて参考になりました。

『老人喰い ――高齢者を狙う詐欺の正体』は詐欺集団がテレアポ営業の技術を組織だって行っている仕組みを物語調で分かりやすく描いています。高齢層と若年層間の所得格差がある以上詐欺はなくならない。高齢層が若年層へ向けて消費し与えて来なかったことに原因を求めています。私は部分と全体をごちゃ混ぜにした乱暴な一般化は短絡過ぎるように思いました。電子マネーが一般化していく2020年代は出金がかなり困難になりそうですが、きっと手立てが出てくるのでしょうね。