SENNHEISER HD580 のクッションパッドを交換

SENNHEISER HD580 を持っているにもかかわらず、あまり使っていませんでした。つけていると耳が痛くなるです。ずいぶん前に買ったと思っていたら、2007年に販売終了しているということで、もう10年選手でした。

そんな訳でもっぱら、肩にかけて聴くような使い方をしていました。ただ、クッションがぺったんこに潰れているのに気がつきまして、交換すれば耳も痛くなくなるのでは?と試しにクッションパッドを注文していたのでした。
こんなのです。フォームヘッドバンドクッションパッド

サイドのプラスチックを上にマイナスドライバーなどで取る

別角度から撮影。プラスチックを外したら、溝にスライドさせて交換する

注文から12日ほどで本日届きました。交換が終わって音楽を聴きながらこの記事を書いていますが、装着感は改善されました。早く気がつけば良かったです。交換時は、マイナスドライバーをそのまま使うと板バネの塗装に傷がつくので工夫しましょう。

このブログの人気の投稿

故障したPixio PXC32の修理対応が神対応だった

4KではなくWQHD(2560x1440)31.5インチ曲面ディスプレイを注文しました。

mp3ファイルをcat で結合する方法