Ink scapeでアイコンを作る

参考になるサイト

Inkscape公式チュートリアル
まずは、本家から見るべきでした。

InkscapeでDesign- 3Dボックス 
3Dの作り方は、こちらのサイトが詳しいです。

Android Material Design Color Palette for Inkscape 
マテリアルデザインのカラーパレットはこちらにありました。


Sticker sheets & icons - Resources - Material design guidelines
ここから、ガイドとなる背景をダウンロードしました。

成果物

最終的には、こんな感じになりました。

パスファインダはないものの同様の機能はある

Illustratorファイルも読み込めるので、Googleが配っているテンプレートも問題なく開けています。確かに、Illustratorに慣れているとパスファインダが便利だったと感じますが、パスの「統合」「差分」「交差」「排他」「分割」などを使います。

文字をパスに分解し、太字にする

「選択ツール」で対象文字選び「パス」ー「オブジェクトをパスへ変更」後、「ノードツール」に持ち替え、「パス」ー「アウトセット」を選びます。「リンクオフセット」を選ぶと太さを調節できます。

グラデーションの設定はクセがある

Adobeのグラデーション設定UIは使いやすく出来ていたのだと感心します。かといって、Inkscapeでも出来ます。「オブジェクト」ー「フィル/ストローク」タブで「線形グラデーション」を選びます。
その設定を変更するには、「鉛筆」アイコンをクリックします。
画面上部で開始色または終了色を「色フェーズ」欄から選びます。「フィル」タブ内で好きな色に変更します。グラデーションの角度などは、選択対象の□や○をドラッグすればOKです。

以上、文字だけの解説ですが、備忘録として記録しておきます。