Ubuntu 16.04 LTS でSkype録音環境を設定しました

ぜんぜん使っていなかったAUDIOGRAM6をUbuntu 16.04 LTSで使えるか試したところ、普通に使えました。

設定をメモしておきます。

出力はアナログヘッドフォンへ


入力は、内部マイク以外に


1番にマイク。3番4番にパソコンからのステレオヘッドフォン出力。PHONESにイヤフォンを接続。


調整方法

最終的に、一番手前のLEVELつまみで音量の微調整をしたいです。GAINとLEVELつまみを12時の位置にして試しに録音してみます。録音の基準は今回、SkypeのEchoサービスの音声としました。1番にマイクを接続。3番4番にパソコンのステレオヘッドフォン出力を接続しています。
音が小さかったため今回は、GAINを3時の方向へ固定しました。マイクを接続した1番のレベルを無音状態で、右に回すとノイズが乗ってきます。そこから、だんだんと左に回してノイズが許容できるところで止めます。1時と2時の間あたりになりました。

パソコンの音は、3番4番に入ってくるので、そこで調整します。右のDAWはパソコンからの出力で内部オーディオを選んでいるため今回は使いません。パソコンからの出力でオーディオインターフェースを選んだときは、ここで調整できます。

録音

Audacity(Ubuntu Softwareからインストール)を使って録音ボタンを押すだけでOKでした。

以上で、Skype英会話などでの会話を録音することができるようになりました。オーディオインターフェースのPHONESのイヤフォンからマイクで話した自分の声が聞こえてくるので、自分の発音のダメなところがよくわかって良いかもしれません。


Skypeのインストール

Skype for Linux ubuntu64 からダウンロードしました。

sudo dpkg -i skype-ubuntu-precise_4.3.0.37-1_i386.deb
sudo apt upgrade --fix-missing
sudo apt -f install
sudo dpkg -i skype-ubuntu-precise_4.3.0.37-1_i386.deb