親のパソコンはGoogle日本語入力が定番に

親のパソコンにGoogle日本語入力を入れておくと「日本語はでるけど変な日本語がでてしまう」という問い合わせが激減するでしょう。

Google日本語入力は「ローマ字入力」「かな入力」の切り替えがキーボードの誤入力で変わらないように設計されているからです。

優れた3点を指摘しておきます。

1.普段不用意にいじらない「プロパティ」での「ローマ字入力」「かな入力」設定が最優先される

2.[Alt]+[カタカナひらがなローマ字]などのキー操作で「ローマ字入力」「かな入力」の設定が(私の環境[WindowsXP sp3]では今のところ)変更できない。

3.互換性として、[CAPS][KANA]ボタンでの切り替えにも対応している。


どれも素晴らしい。当たり前に思えますが、実は複雑なことをしているはずです。

 



このブログの人気の投稿

故障したPixio PXC32の修理対応が神対応だった

4KではなくWQHD(2560x1440)31.5インチ曲面ディスプレイを注文しました。

mp3ファイルをcat で結合する方法