2019/08/21

スタンディングデスクのある生活3ヶ月目

スタンディングデスクが良いそうなので試してます。3ヶ月経ちましたが、確かになかなかです。

準備

スタンディングデスク専用のスペースを設けるほど広い部屋ではないので普段使っているテーブルを利用することにしました。

スタンディングデスクでの最適な机の高さの自動計算ページ
によると身長177cmの人は
書き仕事を行う場合
109cm
キーボード作業を行う場合
104cm
とのこと。

私が使っているテーブルの高さは高さ39cm。70cmくらいのカラーボックスに載せると丁度良い計算です。

カラーボックス カラボ スリム A4-2段 高さ71.8cm
これを4つ使って延長の足としました。3.3cmごとに棚板を動かせるので高さ調整ができます。私の場合は1段低くした68.5cmでちょうど良い感じです。+39cmのテーブルをのせると107.5cmなので上記の書き仕事とキーボード作業の中間でした。

利点

  • すぐに疲れるのでダラダラすることなくポモドーロテクニックによく馴染む。
  • 進捗を記録するとスタンディングデスク前より仕事が捗っていた。
  • 小さいカラーボックスなので移動が簡単。
  • カラーボックスに細々したものを収納できて部屋が片付いた。
  • カラーボックスを頻繁に移動させるので掃除しやすい。

注意点

  • 地震が怖いので必ず片付ける必要がある。面倒なものの片付けを強制できる。
  • ディスプレイの高さが低くもっと高くしたほうが良い。
なんだかカラーボックスのメリットが多いような気もしますが、制約があると良いこともあるので試してみるものです。

2019/06/23

時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」読了


本書にポモドーロテクニックは特に出てこないが、私はここ数日GnomeのPomodoroを試している。25分集中して5分休むと結果的に集中できるというあれだ。コーディングしているときも「25分でここまでやる」という意識が働くし、ついついウェブでまとめサイトなどを読んでしまっていても画面が暗くなり25分経ったことを教えてくれる。

何気ないウェブ巡回にかなりの時間を使っていることをうすうす気がついているものの抗えない。本書の著者らはGmailやYouTubeの利用時間をいかに最大化するかを考えていた2人だ。私も自分の作っているアプリを多くの人に使ってもらいたい。みんなそう思っている。つまり、スマホやウェブを使う以上、多くの場合その魅力に抗えない。

本書はあえて魅力的なものに抗う術を実験・模索し、その結果を記している。3部構成で最近のライフハックや行動経済学の内容に裏打ちされた内容だ。メンタリストDaigoさんのネタ本と言われても驚かない。前作の『SPRINT 最速仕事術』より文字も少なくまとまっていて読みやすい。イラストをそのまま使うために横書きになっている点は残念だ。内容のネタバレが問題になるような本ではなく、まとまっていることに価値がある部類の本だろう。

内容をまとめるのは他のレビューにまかせて、私が読了した日に実行した点を記しておきたい。

  1. スマホからGmailを消した。
  2. Softbankのショートメールを消した。
  3. パソコンのChromeにあるブックマークを消した。
といったところ。Twitter,Facebookはもともと入れていない。Lineはまだ消していない。
他は、散歩してコーディングしてブログの記事を書いている。
おそらく3.のブックマークを消すことは本書を読まなければしなかったと思う。大したことではないものの、リンクを探すのにひと手間かかるだけで数十パーセントの効果はあるはずだ。スマホアプリでABテストをしてみると実感できるものの実生活に活用できていなかった。

2019/06/18

Windows 10 から KLUE 3.0 に変更した話

  1. Windows 10でATOK 2016が時々動作しなくなった。
  2. Windows 10でIllustrator CS4 などがフォント関連の問題で動かなくなった。
  3. Windows で使いたいソフトは「精選版日本国語大辞典 for ATOK」とまだ動いていたAdobe製ソフト、Android Studio くらいであった。
  4. Windows 7 のサポート期限がそろそろなのでWindows 7に戻すなら今が良い。
  5. Windows 7に戻して仮想化しておこう。
  6. Ubuntu でAndroid Studio とInkScape使えればいいか。
  7. Ubuntu のバージョンを調べているうちにKona Linuxを発見。音がいいらしい。試しにインストールしてみる。
  8. → 確かに自分でもわかるくらい音がいい!
  9. → Android Studio が動けばKLUE(Kona Linux Ubuntu Edition)にしよう。
Windows 10でマイクロソフトは個々の利用者からソフト制作会社へと営業方針を変えたと感じます。以前、読んでいた記事が見つかりました。13年前の記事。
本当はすごい「Windowsの互換性維持」世界中で何千万台と出荷されているWindows XPにはもれなく,Windows 95版の「ときめきメモリアル」を正常に動作させるための設定が施されている
13年前にはゲームソフトにも配慮していたものの、永遠に続けるわけにはいかないです。2019年現在マイクロソフトはフォントサービス周りを改修しています。その影響で上記した古いソフトでフォント関連の問題が起きているのかもしれないですね。
おそらくAdobeのサブスクリプション契約はここ数ヶ月でかなり伸びたでしょう。プロプライエタリとはそういうことです。
Google クラウドゲームサービス「Stadia」ではOSが不要でゲームができます。ゲームが動くのならPhoto ShopもExcelも技術的な問題はありません。
Android Studio 3.5 ベータ版Android Studio ユーザーの多くが Microsoft Windows を使用していますが、このところ Windows でのビルドやインストールの速度が遅くなってきたとの報告が増えています。
WindowsからLinuxに変えただけでAndroid Studioが3〜4倍速くなります。StadiaでAndroid Studioが動くまでKLUE3.0がおすすめです。

OS - Linux- Ubuntu - Kona Linux - KLUE3.0 という関係です。
konalinux
https://drive.google.com/drive/folders/0B63KzJgfI7FnRVMwXy1sQXlDdUk
1日に2回3回と再起動を求められるためUbuntuにしました。

KLUE 3.0 初期設定

KLUE 3.0を試していましたが、1日2回3回と再起動を求められるので素直にUbuntuにしました。KLUEでの設定ですが、Ubuntuでも同じようなものなので以下参考まで。

ホームディレクトリの日本語ディレクトリを英語表記にする。
sudo apt install xdg-user-dirs-gtk
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

すでに日本語ディレクトリ内にファイルがあると複製されるため個別に消す。
rm -R ダウンロード

フォントをコピーする。
sudo nautilus
でファイルマネージャーを使う。
/usr/share/fonts/opentype/など/usr/share/fonts/配下に配置する。
フォントキャッシュを再構成する。少し時間がかかる。2分くらい。
sudo fc-cache -fv

ファイルマネージャーでドットファイルを表示する。
Ctrl + H

InkScapeでテンプレートに保存する
sudo mv 1024x500px.svg /usr/share/inkscape/templates

Windowsで使っていたHDDをマウントできないとき。
sudo ntfsfix /dev/sdb2
認識されているデバイス名に対してntfsfixで修復する。


Android Studio でエミュレータを設定する前に。
GPUにGeForceを使っている場合は、オープンソースのドライバからプロプライエタリなドライバに変更する。

Android Studio でUSBにつないだ実機を許可する
ハードウェア端末上でアプリを実行する
sudo touch /etc/udev/rules.d/51-android.rules
sudo gedit /etc/udev/rules.d/51-android.rules
内容は
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", MODE="0666", GROUP="plugdev"
「Pixel 3a」はGoogle製なので「18d1」他メーカーは
lsusb
でUSBにつながっている機器のベンダーコードを確認する。
すべてのユーザー(a)へ読み取り権限(r)を与える
chmod a+r /etc/udev/rules.d/51-android.rules
再起動する。

Android Studio でWifi経由で端末に接続する
adb connect 192.168.1.9
でエラーが出た場合はusbとtcpをリセットしてみる。
failed to connect to '192.168.1.6:5555': Connection refused
は端末をUSB接続して以下。
adb usb
adb tcpip 5555
adb connect 192.168.1.9

Android Studio 3.4 のランチャーを作る
https://askubuntu.com/questions/298857/how-to-add-android-studio-to-the-launcher
/usr/local/android-studio/android-studio.desktop
[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=Android Studio
Exec="/usr/local/android-studio/bin/studio.sh" %f
Icon=/usr/local/android-studio/bin/studio.png
Categories=Development;IDE;
Terminal=false
StartupNotify=true
StartupWMClass=jetbrains-android-studio
Name[ja_JP]=android-studio.desktop
を保存。
ファイルマネージャーでディレクトリを開き、右クリックから「プロパティ」「アクセス権」から「プログラムとして実行可能」にチェック。クリックで起動後、Plankのドックに表示されるアイコンを右クリックし「ドッグに追加」。

Freeplane などで日本語IMEがいちいち直接入力になるとき。
「Fcitx設定」の「プログラム」「ウィンドウ間で状態を共有」を「すべて」に変更。「プログラムごと」にしたいもののFreeplaneでは効かなかった。

Pomodoro がトップバーに表示されないとき。
「Tweaks」の「拡張機能」からPomodoroを「オン」にする。

「設定」-「キーボード」-「ナビゲーション」-「すべての通常のウィンドウを隠す」に「Ctrl +D」を設定でWindows 10の「デスクトップ表示」と同じになる。


2019/03/31

Firebase Hosting とCDN

Camtasia® 2018 を購入してスクリーンキャストを撮影できるようになりました。なかなか楽しいのですが、YouTubeなどで公開するとhtml5のクイズ機能が使えないためレンタルサーバーでも久しぶりに契約しようかと調べていました。
動画をホスティングするとなるとピーク時につながらないなどの問題があるため特定多数に公開する場合はVimeo PROとかが良いのか?いやhtml5が使えないのは同じか。などと堂々巡り。

ここは適当なレンタルサーバーとCDNの組み合わせが良いのではないかと手軽に使えるCDNを探してみました。

  • Amazon CloudFront
  • Cloudflare($20~)
  • Fastly($50~)

CloudFrontならS3と組み合わせでしょうか。いろいろと設定が面倒そうです。そもそもCDNはhttps://www.foreignaffairs.com/で有料登録したとき、自分のアカウントに名前の近い他人の情報が配信された経験があり慎重になります。

以上のような状況を考えるとFirebase HostingはFastlyのCDNを使っているそうなので手軽でお得な気がしてきました。そのうち動画配信を試してみようと思います。

2019/03/27

「音声入力で下書きしよう」公開しました

Google 音声入力を便利に使える「音声入力で下書きしよう」を公開しました。スマホは「音声入力で下書きしよう」から使えます。URLはhttps://yomikata.app/voice.htmlとhttps://yomikata.app/v.html にしました。

パソコンでは VoiceIn Voice Typing - Google Chrome が便利です。


まずは個人情報について

入力したテキストデータは個人情報として扱い取得しません。入力データはブラウザを閉じてもブラウザのローカルストレージに保存されます。お使いのブラウザの機能を使っています。サーバーには保存されません。
データを削除する場合は「共用端末向け全消去」をご利用ください。
技術的にはjavascript を使っている静的なhtml 1ファイルをGoogle の Firebase hosting にアップロードしているだけです。

想定している使い方

音声入力を使って文章の下書きを書く用途を想定しています。主にGoogle 音声入力で頻繁に入るスペースの削除と自動で入らない句読点の入力をしやすくすることを目指しています。

「1文字削除」

カーソルの左の1文字を消す機能です。残念ながら選択したテキストを削除することはできません。

「space 音声入力削除」

半角スペースからカーソル位置までのテキストを削除します。1番便利な機能です。Google 音声入力では入力結果の先頭に半角スペースが入ることを利用し、頻繁な修正を楽にしました。音声認識結果が変なときに押せばOKです。

「space 改行」

半角スペース全削除 + 改行 + 半角スペース入力
という操作をまとめて行います。音声入力が上手く認識されて段落を改めるときに使うと便利です。

「space 削除」

入力欄の半角スペースをすべて削除します。

「コピー」

入力欄の内容をクリップボードへコピーします。

免責事項

「音声入力で下書きしよう」の不具合などにより生じたいかなる損害に関しまして作者は一切責任を負えません。あらかじめご了承いただきますようお願いします。

おまけ

「□□□□■」目盛り欄・テキスト入力欄はマウスで大きさを変更できます。
入力データが保存されるのは下記のタイミングです。
  • ブラウザ終了
  • ブラウザ再読み
  • 「space 改行」
  • 「space 音声入力削除」

おまけで入力テキストの文字数の目安を表示しています。

スピードテストで100点でした。初めて。

2019/03/26

Firebase hosting アップデート

久しぶりにFirebase HostingにHtmlファイルをデプロイしようとしたところFirebase Toolsのアップデートが必要でした。

npm i -g firebase-tools

firebase.jsonのあるディレクトリにPowerShellで移動

firebase deploy

でOK。