スキップしてメイン コンテンツに移動

『神々のたそがれ』と『道中の点検』

「ミチ…」と思わず言ってしまったところ、受付の方が「ドウチュウノテンケンですね」と、サラリと正してくれました。タイトルも分からず観にいってしまいました。恵比寿ガーデンシネマの『Dearダニー 君へのうた』や『かけがえのない人』は、まあそのうちに。

 『神々のたそがれ』
ミハイル・バフチン著『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』を読んで、絶望の先には笑いがあるのかな、などと思いつつ、映画『道』(1954)イタリアを観て最後の笑いに救われたものですが、『神々のたそがれ』を見るとなんだかスクリーン越しにツバだかハナだかもう汚いやら不快やらで目を閉じたくなるやら耳をふさぎたくなるやら、ようするに眠くなってしまったわけです。

ただ、『神々のたそがれ』(2013)ロシアは傑作であることは確かで、主演のレオニド・ヤルモルニクの演技はもう真似ができない感じがヒシヒシと伝わってきます。

『道中の点検』
一方、『道中の点検』(1971)ソ連は眠くなかったです。そもそもアレクセイ・ゲルマン監督はアンドレイ・タルコフスキー監督つながりで知ったので、眠いのは覚悟の上だったのですが、上映時間が97分でちょうど良い長さです。

内容はソ連軍の捕虜がドイツ兵として働かされていたが、7日の休暇を利用し投降してソ連軍の息のかかったパルチザンに寝返るも、なかなか信じてもらえないという話です。
終わりのシーンで1000人くらいのドイツ軍の行進があります。途中で車の修理をしている主人公の上官がドイツ軍の将校に「命を救ってくれて感謝している」とお酒を振る舞ってもらう場面があります。
ドイツ軍に寝返ってしまったのか、まだパルチザンの作戦中なのか、どちらなのでしょうか。(私がドイツ軍と思っているだけでソ連軍かもです)

森の中の炊き出しの場面で映画『ディファイアンス』(2008)アメリカを思い出しました。ユダヤ人が森の中で食料がない中なんとか生き延びようとする物語です。『道中の点検』では特にユダヤ人的な絡みは分からなかったです。

『道中の点検』の上映は15年間禁止されていたということです。どこが上映禁止に値するのか考えながら観ると良いかもしれません。

雪の場面が多くモノクロが引き立ちます。雪を踏みしめる音がたまに合っていないような場面もあるように感じましたが、寒さが伝わってきます。冒頭のシーンで農民が土砂降りの雨の中立ち尽くしているのですが、昨日の渋谷も恐ろしいほどの豪雨でした。足が濡れたまま冬の暗い森に感情移入しつつ、13名くらいで鑑賞しておりました。

このブログの人気の投稿

X250を英語キーボードに変更したいものの分解が面倒そう

ハードウェア保守マニュアル ThinkPad X250 (PDF)
によるとキーボード交換に際しては、ほとんどの部品を取り外す必要がありそうで、面倒そうです。

日本語キーボードも英語キーボードも使える状態でいたいのですが、’と”と;と:と(と)あたりの打ち間違いが多く、キーボードを見ながらタイプするといういけない状態になりがちです。
日本語変換は半角/全角キーがあたりまえのように動いてUbuntuでも使いやすいのですが、プログラム中は英語キーボードの方が使いやすいです。




Windows 10とデュアルブート環境のUbuntu 16.04 を削除しWindows 10をリカバリー

Windows 10とUbuntu 16をデュアルブートで使っていましたが、Windows 10を起動することは、ほとんどありませんでした。ただ、Ubuntu 16で使っているソフトがChromeとAndroid StudioとInkscapeだったので、Windows 10でも問題ないように思いました。

そこで、Ubuntu 16を削除し、Windows 10をリカバリーすることにしたのですが、起動時にgrubが立ちあがってしまいます。exitで抜けるとUEFIでWindows10の起動を選べますが面倒なのでスッキリさせることにしました。

その他/UEFIブートからLinuxを削除する手順 - Windowsと暮らす
こちらが、とっても詳しく参考になりました。

Windows 10 環境でまず入れたソフト

ChromeJava 8Git for GithubAndroid Studio これから入れたいソフト ATOKGo関連kabuステーション 一太郎2017を買うかATOK 2017 for Windowsを買うか、それが問題です。

ガステーブルとレンジフードと浴室換気乾燥機のリフォームをしました

東京ガスのガス点検で、ガステーブルをそろそろ更新したほうが良いということになり、いろいろと良さそうなガステーブルを物色しておりました。数年前にも探した覚えがありますが、過剰な安全装置のため現状機種の方が使いやすそうということで、買い替えを見送ったのでした。



今回は、「ブフォッ」と一拍遅れて点火するようになり、少し怖いということで更新することになりました。2015年のガステーブルの候補としては、リンナイかノーリツになると思います。上記写真は1995年のステンレストップでなかなか磨きがいがありますが、2015年のモデルではガラストップを選ぶことになります。

おすすめはリンナイのリッセかノーリツのレボア
高価格帯の商品として、リンナイではデリシア、ノーリツではプログレになります。ただ、火力が大きくなったり、省エネになるわけではありません。鍋がないのに点火しているとピーと鳴るとか、操作をしゃべるとか、グリルに設定できる料理パターンが増えるなど付加機能が充実します。

中価格帯の商品として、リンナイではリッセ、ノーリツではレボアになります。おそらく一番売れ筋の商品価格帯です。レンジフードと連動するので、換気を忘れがちな家族にも安心です。火力の調整方法が従来のガスコンロと同じで、左右に回すタイプである点も慣れているので良いです。

低価格帯の商品ですと、ノーリツのファミが候補でした。レンジフード連動と火力調整の方法を気にしなければ一番お買い得な商品だと思います。これらのガステーブルは火力が大大小となってします。しかも、1995年の大は火を小さくすると消えてしまいましたが、2015年の大はトロ火でも消えません。

もっと低価格なガスコンロでは、コンロが大中小となっていたり、トロ火で消えてしまったり、タイマーがなかったりと(今までなかったので良いような気もしますが)工事費は変わらないので割高に感じてしまいます。





レンジフードの20年での進化はガステーブルの比ではない

ガスコンロを取り替えるという話だったのですが、「どうせならレンジフードも」ということになり、調べまくりました。結果、富士工業というメーカーに決めました。リンナイなどのOEM元のようです。パナソニックや東芝にも似たような機種があります。

2015年のレンジフードはシロッコファンが標準です。1995年のファンはプロペラファンでした。…