スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

Android ボタン作成の実装解説動画4パターン

Android 2.3.1で「ボタンが2つあるアプリ」を例に、4つの実装パターンを動画にしてみました。Eclipseの使い方も順番に説明しているので、最初からみた方が理解しやすいかもしれません。今回は、XMLを利用する方法のみ解説しています。javaだけで書くこともできます。


ボタンが2つあるアプリを作る準備の巻 [Android プログラミング](5:29)

Android APIの設定Android プロジェクトを作るEclipseのワークベンチJavaパースペクティブ Java DDMS デバッグ
パースペクティブボタンの上で[右クリック]-「別名保管」を選ぶと好きなレイアウトを保存しておける説明も追加した方が親切ですね。





ボタンが2つあるアプリその1 [Android プログラミング](16:18)

final匿名インナークラスのカッコの対応匿名なので、名前を考える必要なし 匿名インナークラスを利用すると、ボタンごとにonClick()を書くので条件分岐する必要がないです。ただ、今回は関係ないのですが、後々階層が深くなるためActivityを取得するとき、単純にthisとかではダメになります。Button01Activity.this ( 親クラス.this )などと親子関係を考慮する場面にでくわします。

package net.kaneta.button01; import android.app.Activity; import android.os.Bundle; import android.view.View; import android.view.View.OnClickListener; import android.widget.Button; import android.widget.TextView; public class Button01Activity extends Activity { /** Called when the activity is first created. */ @Override public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); …