スキップしてメイン コンテンツに移動
「第二回 #Playframework 勉強会 in Tokyo #play_ja」に参加してきました。
イベント中になんでTwitter更新されないんだろう?と思っていたら、ハッシュダグを間違えてました。(#play_jpでも#play-jaでもないです。)

PlayframeworkはAndroid開発者に最適
さて、PlayframeworkはAndroid開発者に最適なサーバーサイドJavaフレームワークです。書店でAndroid書籍があふれているように、初めてさわる言語がJavaという方も多いことと思います。本日開催中の「よちよちAndroidサンデープログラミングの会」(https://sites.google.com/site/beginandroid2011/)でも、Androidアプリ作りたい→Java勉強する、という方がいっぱいいらしゃいます。

そんなAndroidな方がサーバーサイドのコードを組むときに、最適なのがPlayframeworkなのです。

@garbagetown さんの更新されている日本語サイト(http://playdocja.appspot.com/)のチュートリアルを試してみるとわかりますが、テストまで含めて一連の作業がよく考えられたフレームワークです。

AndroidからJavaに入った方には実感がわかないかもしれませんが、一般にJavaでのサーバーサイド開発はとっても面倒なのです。(ブックオフでパラパラとサーバーサイドJava系の書籍を見るとわかります。)

Introducing the Play Framework を購入してみる
日本語チュートリアルの次に、もっとチュートリアルが欲しいときには、Introducing the Play Frameworkhttp://www.the-play-book.co.uk/)を購入すると幸せになれます。私はPDF版のeBookを購入しました。カラーで図が多く説明が論理的なためすんなり理解できます。

Introducing the Play Framework by Wayne Ellis(2010)
ページ数 246p
内容 
第1章(73pまで)
PlayframeworkのMVCやテストなど基本的な内容が簡潔に説明されています。
第2章(230pまで)
オークションサイトを作りながらPlayframeworkの機能を紹介していきます。ステップを踏んで説明されているので、飛躍がなくすんなりと理解できます。自分でサービスを作るときも、この順番で作るとスムーズだと思います。ちなみに、DBはMySQLを利用しています。
第3章(246pまで)
おまけとしてURL短縮サイトとOpenIDを使ったリマインダーサービスが紹介されています。おまけと言いながら簡潔にポイントが説明されていて理解しやすいです。OpenIDが使えるようになります。

購入する際に少し躊躇するのは、2010年出版という点ですが、Play 2.0でテンプレートがGroovyからScalaにかわるまでは大丈夫かと思います。ちなみに、JavaとGroovyを利用したサンプルなのでScalaを使いたい方にはあまり参考にならないかもしれません。


Androidアプリとサーバーサイドをつなぐ
Androidでアプリを作っているとサーバーと連携して何かしたくなることと思います。そんな時、まずはParse.com(https://www.parse.com/pricing)を使ってみましょう。おそろしく簡単にまるっと面倒見てくれます。

次に考えるのはPlayframeworkでコーディングして、CloudBees(http://www.cloudbees.com/)やHeroku(hhttp://www.heroku.com/)を利用することでしょう。playapps(http://www.playapps.net/)もいいかもしれません。

以上、Android開発者に最適なサーバーサイドJavaフレームワークの紹介でした。

このブログの人気の投稿

X250を英語キーボードに変更したいものの分解が面倒そう

ハードウェア保守マニュアル ThinkPad X250 (PDF)
によるとキーボード交換に際しては、ほとんどの部品を取り外す必要がありそうで、面倒そうです。

日本語キーボードも英語キーボードも使える状態でいたいのですが、’と”と;と:と(と)あたりの打ち間違いが多く、キーボードを見ながらタイプするといういけない状態になりがちです。
日本語変換は半角/全角キーがあたりまえのように動いてUbuntuでも使いやすいのですが、プログラム中は英語キーボードの方が使いやすいです。




ガステーブルとレンジフードと浴室換気乾燥機のリフォームをしました

東京ガスのガス点検で、ガステーブルをそろそろ更新したほうが良いということになり、いろいろと良さそうなガステーブルを物色しておりました。数年前にも探した覚えがありますが、過剰な安全装置のため現状機種の方が使いやすそうということで、買い替えを見送ったのでした。



今回は、「ブフォッ」と一拍遅れて点火するようになり、少し怖いということで更新することになりました。2015年のガステーブルの候補としては、リンナイかノーリツになると思います。上記写真は1995年のステンレストップでなかなか磨きがいがありますが、2015年のモデルではガラストップを選ぶことになります。

おすすめはリンナイのリッセかノーリツのレボア
高価格帯の商品として、リンナイではデリシア、ノーリツではプログレになります。ただ、火力が大きくなったり、省エネになるわけではありません。鍋がないのに点火しているとピーと鳴るとか、操作をしゃべるとか、グリルに設定できる料理パターンが増えるなど付加機能が充実します。

中価格帯の商品として、リンナイではリッセ、ノーリツではレボアになります。おそらく一番売れ筋の商品価格帯です。レンジフードと連動するので、換気を忘れがちな家族にも安心です。火力の調整方法が従来のガスコンロと同じで、左右に回すタイプである点も慣れているので良いです。

低価格帯の商品ですと、ノーリツのファミが候補でした。レンジフード連動と火力調整の方法を気にしなければ一番お買い得な商品だと思います。これらのガステーブルは火力が大大小となってします。しかも、1995年の大は火を小さくすると消えてしまいましたが、2015年の大はトロ火でも消えません。

もっと低価格なガスコンロでは、コンロが大中小となっていたり、トロ火で消えてしまったり、タイマーがなかったりと(今までなかったので良いような気もしますが)工事費は変わらないので割高に感じてしまいます。





レンジフードの20年での進化はガステーブルの比ではない

ガスコンロを取り替えるという話だったのですが、「どうせならレンジフードも」ということになり、調べまくりました。結果、富士工業というメーカーに決めました。リンナイなどのOEM元のようです。パナソニックや東芝にも似たような機種があります。

2015年のレンジフードはシロッコファンが標準です。1995年のファンはプロペラファンでした。…

Ubuntu 16.04 LTS でDVD再生

DVDを再生する場合、Ubuntu 16.04 LTSでは下記のようになるようです。

Linuxだからできないなんて言わないよ DVD再生準備 : Ubuntu16.04(MEMO)

sudo apt install libdvd-pkg
sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg
ちなみに、再生したいDVDは『thirtysomething』 です。昔、TBSの深夜にやっていたのですが途中で終わってしまって気になっているのでした。

追記
MacBookAir(2013mid)で観ていた時は字幕がなかったのですが、どこからともなく字幕が表示されました。Amazon.comの配信では字幕付きでDVDでは字幕なしでガッカリしていたのですが、良かったです。ちなみに、メニュー選択ができなかったので、標準のビデオアプリでなく、VLCで観ています。