スキップしてメイン コンテンツに移動

「手芸品販売をしたいとホームページ製作会社と打ち合わせをしてきたので、見てほしい」への回答

ネット通販を始めたいというお客様は多いです。よく相談されます。
今回の相談は、ブログに書いておくことにします。
「手芸品販売をしたいとホームページ製作会社と打ち合わせをしてきたので、見てほしい」ということです。
打ち合わせの内容は、下記のとおりで良くある見積もり相談です。
  1. ドメインの取得(1年更新で10,000円くらい。プロバイダに依頼)
  2. トップページに著作権申請中を入れる
  3. 下層ページの内容(作品紹介・コメント・用途・特徴など)
  4. ロゴマークを作る
  5. 携帯用ページ(QRコードで携帯メール配信)
  6. 通帳の用意(都市銀行とゆうちょ銀行の2行用意)
  7. 価格の設定(ターゲットの設定)
  8. 商品に関する但し書き
  9. 初期制作費(150,000円)
  10. 管理費(毎月3,000円)
  11. コンテンツ更新(月1回10,000円)
  12. 製作期間6週間
著作権申請中というのが変ですが、他はおおむね想像できる内容ですね。
ドメインについては、バリュードメインでもお名前.comでも自分で取れば安くできるというのは、まあおいておきます。初期制作費が150,000円というのもおいておきます。

本当に良くある話です。「いくらが妥当なのかを聞きたい」のだと知ってはいます。しかし、なんともいえないのです。ホームページ製作者と発注者の板ばさみになります。
まず、発注者がネットで物販をしたいというからには採算に見合うことを目指します。当然ですが、「どのくらい売れるかわからない」ので安いほどいいです。
一方、ホームページ製作費のほとんどは人件費です。製作に必要な時間に比例して対応できるように見積もります。

A
カタログ・名刺・ブログ連動のホームページで初回納品後、製作者側の更新がほぼ必要ないタイプ

B
写真撮影・キャッチコピー・日々の情報更新、場合によっては販売管理も製作者が関わるタイプ

今回の見積もりは「コンテンツ更新」として10,000円が計上されているので、納品後の修正があっても大丈夫です。
いたってよくある見積もりです。リスクは発注者にあります。私も製作側として、同じような見積もりを出すこともあります。このタイプの見積もりをされた場合、納品後の製作者による更新が期待されていないAタイプのホームページが出来上がるのではないかと思います。
もちろん、ガンガン更新を依頼してBタイプでホームページを作るのもありだとは思います。しかし、その場合、コンテンツ更新料金が割高になります。かなり原価率の低い商材でないと難しいでしょう。
20万円くらいでホームページの発注を体験して、どんな感じなのかを勉強するという姿勢ならば、良いのかもしれません。

以下、私が発注を受けるにあたって確認する点です。

ネットで商品を買ったことがあるか?
そもそもネットで物販したいという人は、(私を含めて)幻想を抱いていることが多いです。せめて、いろいろと購入してみましょう。楽天市場とYahoo!ショッピングとAmazonすべてで購入してみましょう。それ以外の物販サイトでも購入してみましょう。ケータイサイトでも販売したいなら携帯でも買ってみましょう。

発注者本人が主体となっているか?
初期制作費150,000円と見積もられるような案件では、発注担当者がころころ変わっては製作側が対応できません。同じ説明をしたり、発注内容がブレたりすることで無駄が多くなります。同じことは製作側にも言えて、製作担当者が複数いる場合は指示がブレる機会が増えます。

そもそも商材に売れるだけの価値があるのか?
テスト販売できる商材なら、してみます。適正な価格の目安になります。まずは、Yahoo!オークションで売買してみましょう。

以上3点を経験すれば、いやでも見えてくることがあります。安いホームページ制作会社を探すのも良いです。でも、「どんなホームページにしたいのか」判断する基準を身に着けてから探しましょう。費用対効果のあるホームページを発注する一番の近道だと思います。

いかがでしょうか。質問の回答にかえさせていただきます。
偉そうなことを書いていますが、私自身できていないこともあります。

このブログの人気の投稿

X250を英語キーボードに変更したいものの分解が面倒そう

ハードウェア保守マニュアル ThinkPad X250 (PDF)
によるとキーボード交換に際しては、ほとんどの部品を取り外す必要がありそうで、面倒そうです。

日本語キーボードも英語キーボードも使える状態でいたいのですが、’と”と;と:と(と)あたりの打ち間違いが多く、キーボードを見ながらタイプするといういけない状態になりがちです。
日本語変換は半角/全角キーがあたりまえのように動いてUbuntuでも使いやすいのですが、プログラム中は英語キーボードの方が使いやすいです。




ガステーブルとレンジフードと浴室換気乾燥機のリフォームをしました

東京ガスのガス点検で、ガステーブルをそろそろ更新したほうが良いということになり、いろいろと良さそうなガステーブルを物色しておりました。数年前にも探した覚えがありますが、過剰な安全装置のため現状機種の方が使いやすそうということで、買い替えを見送ったのでした。



今回は、「ブフォッ」と一拍遅れて点火するようになり、少し怖いということで更新することになりました。2015年のガステーブルの候補としては、リンナイかノーリツになると思います。上記写真は1995年のステンレストップでなかなか磨きがいがありますが、2015年のモデルではガラストップを選ぶことになります。

おすすめはリンナイのリッセかノーリツのレボア
高価格帯の商品として、リンナイではデリシア、ノーリツではプログレになります。ただ、火力が大きくなったり、省エネになるわけではありません。鍋がないのに点火しているとピーと鳴るとか、操作をしゃべるとか、グリルに設定できる料理パターンが増えるなど付加機能が充実します。

中価格帯の商品として、リンナイではリッセ、ノーリツではレボアになります。おそらく一番売れ筋の商品価格帯です。レンジフードと連動するので、換気を忘れがちな家族にも安心です。火力の調整方法が従来のガスコンロと同じで、左右に回すタイプである点も慣れているので良いです。

低価格帯の商品ですと、ノーリツのファミが候補でした。レンジフード連動と火力調整の方法を気にしなければ一番お買い得な商品だと思います。これらのガステーブルは火力が大大小となってします。しかも、1995年の大は火を小さくすると消えてしまいましたが、2015年の大はトロ火でも消えません。

もっと低価格なガスコンロでは、コンロが大中小となっていたり、トロ火で消えてしまったり、タイマーがなかったりと(今までなかったので良いような気もしますが)工事費は変わらないので割高に感じてしまいます。





レンジフードの20年での進化はガステーブルの比ではない

ガスコンロを取り替えるという話だったのですが、「どうせならレンジフードも」ということになり、調べまくりました。結果、富士工業というメーカーに決めました。リンナイなどのOEM元のようです。パナソニックや東芝にも似たような機種があります。

2015年のレンジフードはシロッコファンが標準です。1995年のファンはプロペラファンでした。…

Ubuntu 16.04 LTS でDVD再生

DVDを再生する場合、Ubuntu 16.04 LTSでは下記のようになるようです。

Linuxだからできないなんて言わないよ DVD再生準備 : Ubuntu16.04(MEMO)

sudo apt install libdvd-pkg
sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg
ちなみに、再生したいDVDは『thirtysomething』 です。昔、TBSの深夜にやっていたのですが途中で終わってしまって気になっているのでした。

追記
MacBookAir(2013mid)で観ていた時は字幕がなかったのですが、どこからともなく字幕が表示されました。Amazon.comの配信では字幕付きでDVDでは字幕なしでガッカリしていたのですが、良かったです。ちなみに、メニュー選択ができなかったので、標準のビデオアプリでなく、VLCで観ています。