スキップしてメイン コンテンツに移動

Windowsのバックアップソフト試用中

  1. ShadowProtect Desktop Edition
  2. Acronis True Image 2010
  3. ノートン ゴースト 14.0
  4. EASEUS Todo Backup

以上、4点のバックアップソフトを試用してみました。バックアップ速度については、ShadowProtect Desktop EditionはGIGAZINEで毎秒83.76MBとなっていましたが、私の環境では毎秒17MB程度でした。USB2.0接続の外付けHDDを利用したので転送速度としては倍くらい速くても良さそうなものですね。ハードディスクの回転数が外付けの方は5400rpmでした。ノートパソコンに内蔵されている方はもっと遅そうです。

バックアップしたノートパソコン

  • CPU:Core2Duo T7500 (2.2GHz)
  • メモリー:2GB
  • ハードディスク:約160GB (Cドライブ70GB使用)
  • 結論としては、1〜3までの有償ソフトはどれも同じようなもので、43分42GB程度のバックアップイメージを作りました。4のフリーウェアはセクター単位のコピーとなり圧縮がなされず、4GBずつ合計70GBのバックアップイメージができました。いずれも1GBのバックアップに1分かかっており、転送速度かディスクアクセスが律速になっているような気がします。

    復元作業は行っていません。VistaもBusiness 以上のエディションでは、標準でWindows Complete PC バックアップできますし、Windows7では、Windows 7 Home Premium でも標準でイメージバックアップできます。今後は有償のバックアップソフトは淘汰されていくのだろうと思ってしまいました。

    ちなみに、私の好きだったGhostの次期バージョンであるノートン ゴースト 15.0 は2009年11月20日発売予定のようです。



    このブログの人気の投稿

    X250を英語キーボードに変更したいものの分解が面倒そう

    ハードウェア保守マニュアル ThinkPad X250 (PDF)
    によるとキーボード交換に際しては、ほとんどの部品を取り外す必要がありそうで、面倒そうです。

    日本語キーボードも英語キーボードも使える状態でいたいのですが、’と”と;と:と(と)あたりの打ち間違いが多く、キーボードを見ながらタイプするといういけない状態になりがちです。
    日本語変換は半角/全角キーがあたりまえのように動いてUbuntuでも使いやすいのですが、プログラム中は英語キーボードの方が使いやすいです。




    Windows 10とデュアルブート環境のUbuntu 16.04 を削除しWindows 10をリカバリー

    Windows 10とUbuntu 16をデュアルブートで使っていましたが、Windows 10を起動することは、ほとんどありませんでした。ただ、Ubuntu 16で使っているソフトがChromeとAndroid StudioとInkscapeだったので、Windows 10でも問題ないように思いました。

    そこで、Ubuntu 16を削除し、Windows 10をリカバリーすることにしたのですが、起動時にgrubが立ちあがってしまいます。exitで抜けるとUEFIでWindows10の起動を選べますが面倒なのでスッキリさせることにしました。

    その他/UEFIブートからLinuxを削除する手順 - Windowsと暮らす
    こちらが、とっても詳しく参考になりました。

    Windows 10 環境でまず入れたソフト

    ChromeJava 8Git for GithubAndroid Studio これから入れたいソフト ATOKGo関連kabuステーション 一太郎2017を買うかATOK 2017 for Windowsを買うか、それが問題です。

    ガステーブルとレンジフードと浴室換気乾燥機のリフォームをしました

    東京ガスのガス点検で、ガステーブルをそろそろ更新したほうが良いということになり、いろいろと良さそうなガステーブルを物色しておりました。数年前にも探した覚えがありますが、過剰な安全装置のため現状機種の方が使いやすそうということで、買い替えを見送ったのでした。



    今回は、「ブフォッ」と一拍遅れて点火するようになり、少し怖いということで更新することになりました。2015年のガステーブルの候補としては、リンナイかノーリツになると思います。上記写真は1995年のステンレストップでなかなか磨きがいがありますが、2015年のモデルではガラストップを選ぶことになります。

    おすすめはリンナイのリッセかノーリツのレボア
    高価格帯の商品として、リンナイではデリシア、ノーリツではプログレになります。ただ、火力が大きくなったり、省エネになるわけではありません。鍋がないのに点火しているとピーと鳴るとか、操作をしゃべるとか、グリルに設定できる料理パターンが増えるなど付加機能が充実します。

    中価格帯の商品として、リンナイではリッセ、ノーリツではレボアになります。おそらく一番売れ筋の商品価格帯です。レンジフードと連動するので、換気を忘れがちな家族にも安心です。火力の調整方法が従来のガスコンロと同じで、左右に回すタイプである点も慣れているので良いです。

    低価格帯の商品ですと、ノーリツのファミが候補でした。レンジフード連動と火力調整の方法を気にしなければ一番お買い得な商品だと思います。これらのガステーブルは火力が大大小となってします。しかも、1995年の大は火を小さくすると消えてしまいましたが、2015年の大はトロ火でも消えません。

    もっと低価格なガスコンロでは、コンロが大中小となっていたり、トロ火で消えてしまったり、タイマーがなかったりと(今までなかったので良いような気もしますが)工事費は変わらないので割高に感じてしまいます。





    レンジフードの20年での進化はガステーブルの比ではない

    ガスコンロを取り替えるという話だったのですが、「どうせならレンジフードも」ということになり、調べまくりました。結果、富士工業というメーカーに決めました。リンナイなどのOEM元のようです。パナソニックや東芝にも似たような機種があります。

    2015年のレンジフードはシロッコファンが標準です。1995年のファンはプロペラファンでした。…