スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2009の投稿を表示しています

通知番号ごとに自作留守番応答メッセージを録音できる携帯電話が欲しい

日本では電車内での通話はマナー違反となっている。しかし、「今、電車なんです。あと5分で着きます」などと、電車内での携帯着信に「やむなく」応答している人を見かけることは良くある。「やむなく」であれば仕方ない。数10秒で終わることだし、乗客一同大目に見てくれることがほとんどだ。そのとき、マナー違反の矛先は電車内で通話した人に向かう。しかし、電車で携帯電話を使わざるを得ないのは、ケータイ各社のデザインに改善の余地があるからだ。どこに改善の余地があるのかというと、簡易留守番電話機能の圧倒的な貧弱さにある。ちなみに、簡易留守番電話機能とは、携帯電話本体内のメモリに録音する留守番電話機能で、携帯電話が応答しない時に留守番電話センターに転送される留守番電話機能と区別するため「簡易」となっている。電話帳に登録してある電話番号・グループ毎に自分の携帯内へ自作応答メッセージを録音できれば「あと5分で着きます」などと必要なことを伝えることはできる。ただそれだけでも電車内でのマナー向上は期待するはずだ。ちなみに、ノキアの携帯は「Symbian OS」で動くアプリを買うことで機能を追加することができる。追加できる留守番電話アプリとして「Advanced Call Manager」や「PhonePilot」があり、柔軟な簡易留守番電話機能が実現できるようだ。過去のないケータイ産業
http://japan.cnet.com/blog/kurosaka/2009/01/16/entry_27019481/
「ガラパゴスと言われようとも、日本のケータイ端末の方が、性能・機能・品質・使い勝手のいずれも、全然いい。」たしかに、ノキアの携帯には初期状態では「簡易留守番電話機能」は付いていないようなので低機能といえる。しかし、少なくとも後付けでより良いものが手に入りそうではある。(もちろん、ソフト的な機能に限られる)ノキア、日本の事業展開の見直し
http://www.nokia.co.jp/about/release_081127.shtml
「ノキアは、日本における携帯電話端末の販売及び販売活動を打ち切ります。」とは言え、無いものねだりをしてもしょうがない。ここはAndroid携帯に期待してみようと思う。ソフト的な改良はきっと得意なはずだ。2003年にツーカーのCMで松本人志さんが「話せればいいじゃん、電話…