スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2008の投稿を表示しています

gu-guru

Gooleで「gu-guru」と検索するGoogle で「gu-guru」と検索すると2008.8現在「もしかして:グーグル」という表示が出る。これは、一種の仮名漢字変換システムといえなくもない。商用インターネットが始まった頃、日本語を使用するにあたってプロバイダーのプロキシーサーバーを使った感覚にどこか似ている。ところで「h@¥h@。」と入力したことはあるだろうか。「きなほきなすな」はどうだろう。後者はローマ字入力する方が、かな入力モードになっているのに気付かないまま「グーグル」と入力したものだ。前者は、その逆。「きなほきなすな」はMicrosoft IME では「気名補記なすな」と変換される。日本語としては意味をなさない。「もしかして:グーグル」と選択肢を与えてくれてもよさそうなものだ。入力モードのズレはストレスの元この、入力者が想定していた入力モードとパソコンでそのとき実際に機能している入力モードのズレはストレスの元である。グーグルと入力しようとして「gu-guru」となってしまった場合、「漢字キーを押し忘れちゃったな、いっけねぇ」くらいのストレスである。なぜなら、[半角/全角 漢字キー]キーを押せば簡単に日本語入力モードに戻れるし、直接入力と日本語入力の切り替えは日常茶飯事なので、覚えている。一方、グーグルと入力しようとして「きなほきなすな」となってしまった場合、「おいおいおい、今までかな入力したことなんてないだろ、覚えといてよ!」レベルのストレスである。なぜなら、ローマ字入力とかな入力の切り替えは滅多にすることもないので、元に戻す操作を覚えていなかったり、環境によっては効かなかったりと、とにかく面倒だからだ。それにしても、昨今のIMEはかしこいのに入力モードを覚えておいてくれないなんて変である。

Google Page Creator新規登録終了

Google Page Creator が終わり、今年のうちにGoogle Sites へ移行するようです。Google Sitesが、いよいよ(いわゆるホームページ制作用途で便利に)使えるものになりそうですね。Announcement - How to for Beginners  Google グループGoogle Sites が始まったときには、ホームページ公開の場として期待したのですが、使い勝手が新しすぎるのと見た目が独自すぎて、パソコンに思い入れのない一般の方には敷居が高いと感じました。一方、Google Page Creator の機能を絞った仕様も好きでしたが、カスタマイズしようとするとかなり大変で、結局HTMLを素で書きたくなってしまい本末転倒なものになっていました。最近、本格的にGoogle Sites を使いだしたので、次回からGoogle Sites への要望を数回にわけて書いてみたいと思います。

ubuntuのキラーアプリ Five or more

ふつうの人の ふつうのLinux - CNET Japan(今はUbuntuのある日々で更新されています)の松本さんに影響されて、ubuntuを使い始めてみました。評判どおりの使いやすさです。ふつうに日本語でgrepできます。というのも、以前Linuxを使った時の動機は、オンラインショップのデータ加工をしたいというもので、Cygwinの設定も面倒ですし、Turbolinux Personalを買って幸せになろうと思ったのですが、日本語でgrepできなくてガッカリしたことがありました。そんなわけで「日本語でgrepできる」ことが私の中で、日本語Linuxを評価するときの一つの基準となっています。そもそも、オンラインショップのデータ加工などは、Excelを使う場合が多いようですが自動化するとなると、どうしてもマクロやVBAということになってしまいます。私はVBAが得意ではないので、どうしてもExcelを使わないといけないような場合は、セルネッツ さんに頼んでしまいますが、シェルなら何とか結果オーライで使えるのでubuntuは助かります。『UWSC』や『ズバリ自動化 Waha!Transformer Personal』を使って簡単にできる可能性もあるので、Windows環境での自動化にも興味はあるのですが、unixのラクさにはまだまだ追いついていないような気もします。シェルと言えば、すでに 手放してしまったのですが、『マスタリングCsh(シーシェル)―サタデー・ナイト・スクリプト』が読み物として秀逸です。パソコン解説書の中では『おしえてFlash』シリーズと並ぶと思います。「楽しましめ教ゆ」 という精神が感じられます。閑話休題表題の件ですが、私がubuntuで一番時間を費やしているのは、何をかくそう「Five or more」です。テトリスやぷよぷよ並みに時間泥棒となっています。オレンジと赤が見分けにくいのですが、設定でshapeを選ぶと配慮が感じられてさすがだなと思います。また、その形が『もやしもん』に出てくる菌たちにどことなく似ています。Five or More Manual
こちらにマニュアルがあります。きちんと読んでから始めると高得点のヒントがあるかもしれません。