スキップしてメイン コンテンツに移動

キーボードが怖かった、あの頃。

父は東京、母は横浜。駆け落ち先の東京で生まれた私ではあったが、小学生ともなると夏休みなどの長い休みには横浜の祖父母の団地に遊びに行くようになる。初孫というのもあり大歓迎の祖父母に連れられ高島屋の特別食堂にはよく行った。
いつものように特別食堂での食事のあと、祖母が会計を済ませているちょっとの間に、私は同じフロアに展示してあったパソコンに気がついた。現物のパソコンを目の前にした初めての体験だ。
記憶ではロードランナーか何かのゲームが動いていたと思う。興味津々。しかし、実際触ってみることができなかった。なぜならあまりに多いキーボードのキー数。まだ知らない英語や記号が印刷されたキートップ。もし間違ったキーを押そうものなら壊れてしまう。とても弁償できる金額ではない値札に触るのさえ躊躇してしまったのだ。キーボードが怖い。そんな感覚をいま懐かしく思い出す。

2006年の今、キーボードは消耗品として1,000円しないで買えるようになった。しかし、初めて触る人にとっては間違ったボタンを押すと壊れてしまいそうで怖いという人も多い。もちろんパソコンを使っていくうちに、そんな恐怖心はなくなっていくものの「なんでこんな並び方なの?」とか「Altってどういう意味?」など素朴な疑問はなくならない。言われてみれば私も答えられない。どうしてだろうか。



50
そんな疑問に私なりに答えてみたのが「50音配列カナ変換用キーボード」だ。キーの数が横10縦8のプログラマブルキーボードを工夫し「あいうえお」順のキーボードを作ってみた。「ABC」はキートップに印刷していない。あくまでカナ変換用に割り切った仕様である。唯一の問題は「コーヒー」の「ー」が入力できないこと。悲しいかな、これは私の技術の足りなさゆえ。意外なメリットとしてはキーを長押ししても入力は1回しかできない点だ。POSレジで使うための仕様なのかもしれない。ゆっくりキー入力をする方にとっては丁寧に1回キーを押したつもりが複数回押したと認識されると入力効率が非常に悪くなる。バリアフリーキーボードを作るとすればハードウェア側でキー入力のリピートを解除できるようにするのが良いと思う。

近い将来キーボードを使う人口が爆発的に増えるときが来るかもしれない。そのときには多種多様な配列のキーボードが販売されたり、自作パソコンを組み立てる気軽さでキーボードを作れるようになっていたらいいですね。



このブログの人気の投稿

X250を英語キーボードに変更したいものの分解が面倒そう

ハードウェア保守マニュアル ThinkPad X250 (PDF)
によるとキーボード交換に際しては、ほとんどの部品を取り外す必要がありそうで、面倒そうです。

日本語キーボードも英語キーボードも使える状態でいたいのですが、’と”と;と:と(と)あたりの打ち間違いが多く、キーボードを見ながらタイプするといういけない状態になりがちです。
日本語変換は半角/全角キーがあたりまえのように動いてUbuntuでも使いやすいのですが、プログラム中は英語キーボードの方が使いやすいです。




Windows 10とデュアルブート環境のUbuntu 16.04 を削除しWindows 10をリカバリー

Windows 10とUbuntu 16をデュアルブートで使っていましたが、Windows 10を起動することは、ほとんどありませんでした。ただ、Ubuntu 16で使っているソフトがChromeとAndroid StudioとInkscapeだったので、Windows 10でも問題ないように思いました。

そこで、Ubuntu 16を削除し、Windows 10をリカバリーすることにしたのですが、起動時にgrubが立ちあがってしまいます。exitで抜けるとUEFIでWindows10の起動を選べますが面倒なのでスッキリさせることにしました。

その他/UEFIブートからLinuxを削除する手順 - Windowsと暮らす
こちらが、とっても詳しく参考になりました。

Windows 10 環境でまず入れたソフト

ChromeJava 8Git for GithubAndroid Studio これから入れたいソフト ATOKGo関連kabuステーション 一太郎2017を買うかATOK 2017 for Windowsを買うか、それが問題です。

ガステーブルとレンジフードと浴室換気乾燥機のリフォームをしました

東京ガスのガス点検で、ガステーブルをそろそろ更新したほうが良いということになり、いろいろと良さそうなガステーブルを物色しておりました。数年前にも探した覚えがありますが、過剰な安全装置のため現状機種の方が使いやすそうということで、買い替えを見送ったのでした。



今回は、「ブフォッ」と一拍遅れて点火するようになり、少し怖いということで更新することになりました。2015年のガステーブルの候補としては、リンナイかノーリツになると思います。上記写真は1995年のステンレストップでなかなか磨きがいがありますが、2015年のモデルではガラストップを選ぶことになります。

おすすめはリンナイのリッセかノーリツのレボア
高価格帯の商品として、リンナイではデリシア、ノーリツではプログレになります。ただ、火力が大きくなったり、省エネになるわけではありません。鍋がないのに点火しているとピーと鳴るとか、操作をしゃべるとか、グリルに設定できる料理パターンが増えるなど付加機能が充実します。

中価格帯の商品として、リンナイではリッセ、ノーリツではレボアになります。おそらく一番売れ筋の商品価格帯です。レンジフードと連動するので、換気を忘れがちな家族にも安心です。火力の調整方法が従来のガスコンロと同じで、左右に回すタイプである点も慣れているので良いです。

低価格帯の商品ですと、ノーリツのファミが候補でした。レンジフード連動と火力調整の方法を気にしなければ一番お買い得な商品だと思います。これらのガステーブルは火力が大大小となってします。しかも、1995年の大は火を小さくすると消えてしまいましたが、2015年の大はトロ火でも消えません。

もっと低価格なガスコンロでは、コンロが大中小となっていたり、トロ火で消えてしまったり、タイマーがなかったりと(今までなかったので良いような気もしますが)工事費は変わらないので割高に感じてしまいます。





レンジフードの20年での進化はガステーブルの比ではない

ガスコンロを取り替えるという話だったのですが、「どうせならレンジフードも」ということになり、調べまくりました。結果、富士工業というメーカーに決めました。リンナイなどのOEM元のようです。パナソニックや東芝にも似たような機種があります。

2015年のレンジフードはシロッコファンが標準です。1995年のファンはプロペラファンでした。…